海外で注目される仮想通貨WANCHAIN

WANCHAINは、日本ではあまりまだ知られていない仮想通貨ですが、

 

実は海外では多くの投資家たちが注目しているコインなのです。

 

実際、先日の大きな仮想通貨カンファレンスでも、

 

私はWanchainを保有してる

 

と多くの海外の投資家たちが言っているのを聞きました。

 

WANCHAIN(ワンチェーン)とは

 

WANCHAINは、クロスチェーン・プライバシー保護・スマートコントラクトという3つの特徴で、世界のデジタル資産をつなぐ分散型金融プラットフォームです。

Wanchain上の分散型アプリケーションは、任意のブロックチェーン上の任意のデジタル資産にアクセスできます。

 

 

簡単に言うと、中国版リップルのようなものだと思います。

 

ただ、以下のような3つの長所があるのが特徴ですね。

 

WANCHANの3つのメリット(長所)と特徴

 

プライバシー保護

  • リング署名 – 署名者に安全な匿名取引を提供すると共に、受信者は送信者が署名を生成した事実を正確に検証できる。
  • ワンタイムアドレス – 毎回の取引で、受信者に安全な匿名取引を提供する。
  • スタンプシステム(プライベート送信) – 毎回の取引に必要なガスは決して特定の送信者と関連付られていないことを保証する。

 

クロスチェーン

  • 安全なマルチパーティ計算(SMPC)と閾値キーの共有
  • 中央集権型資産保管リスクの解消
  • 任意のブロックチェーンと統合できる(例えば、分散型取引所・マルチアセット財布・貸付プラットフォーム・ペッグ通貨など)

 

スマートコントラクト

  • イーサリアムのコードベースに基づく実装
  • 既存の開発ツールを活用
  • 分散型クロスチェーンDAPPS(分散型アプリケーション)を構築する

 

 

WANCHAINのサポート内容

Wanchainのサポートする内容は以下のものになります。

•分散型取引所
•デジタル資産管理ツール
•デジタル支払&貸付
•デジタル資産保険
•サプライチェーンファイナンス
•デジタル資産のインデックスファンド
•ペッグ通貨
•デジタル資産の派生商品

WANCHAINが購入できる取引所

WANCHAINバイナンスに上場しており、この地合いの悪さの割には、現在ICO価格の約10倍近い価格を推移しています。
全世界取引高第1位の取引所バイナンスで取引出来るということもあり、
これからも更に世界中の投資家たちの注目を集めていくのではないかと睨んでいます。

WANCHAIN(WAN)の購入方法・買い方

WANCHAIN(WAN)を購入するには、以下の順序で購入できます。
1.国内の取引所でビットコインを買う
2.国内の取引所からバイナンスにビットコインを送金する
3.ビットコインでWANCHAIN(WAN)を購入
まだ国内の取引所に口座をお持ちでない方は、ビットフライヤーザイフがおすすめです。
登録方法はこちらを参考にしてみてください↓
また、バイナンス取引所に口座をお持ちでない方は、こちらを参考にどうぞ↓