仮想通貨のウォレットとは

仮想通貨投資をする上で、取引所の次に必要なのがウォレットです。

 

そもそも、ウォレットとは何なのか。

 

簡単に言うと、仮想通貨を保管する場所のことです。

 

仮想通貨のお財布のようなものですね。

 

取引所とウォレットの違い~仮想通貨を安全に保管するには?

 

取引所で売買してそのままにしておく・・・というのもありですが、

ハッキング倒産などのリスクもなきにしもあらずです。

 

マウントゴックス事件の470億円流出や、

最近ではコインチェックの580億円流出事件もありましたしね~。。。

 

仮想通貨の世界は、まだまだセキュリティー補償がしっかりしていないので

金額が大きくなればなるほど、きちんと保管しておく必要があるのです。

 

そこで仮想通貨取引をするほとんどの方は、

その保管場所としてこのウォレットを使っているのですね。

 

ウォレットの種類は5つ

 

ウォレットには大きく分けて、以下のような5つの種類があります。

一概には言えませんが、セキュリティの高さは下に行くほど高くなります。

 

ウェブウォレット

インターネット上に仮想通貨を保管するウォレットです。ネット上にあるのでハッキングやセキュリティ上のリスクはありますが、ネット環境さへあればどこでもすぐに使用できるので利便性は◎ですね。

ソフトウェアウォレット

自分のPCの中に仮想通貨を保管するウォレットです。常にネット上にあるわけではないので、ウェブウォレットに比べるとセキュリティ面では上でしょう。ただ、PCが壊れたときの為に、バックアップしておくとより安心ですね。

モバイルウォレット

スマホの中に仮想通貨を保管するウォレットです。こちらもスマホが壊れたときの為のバックアップは必要でしょう。

ペーパーウォレット

紙に秘密鍵を印刷して保管するタイプのウォレットです。ネットにつながってはいないのでより安心ですが、他人に見られたり紛失しないように気を付けましょう。

 

ハードウェアウォレット

携帯できるタイプの小さな機器の中に仮想通貨を保管するウォレットです。仮想通貨の上級者やそれなりの資産を保管する方はこちらを使用する人が多いです。

 

結局どのウォレットがいいの? おすすめの仮想通貨保管方法のまとめ

 

仮想通貨を始めてしばらくすると、セキュリティ面を考えてハードウェアウォレットにする人が結構多いようです。

そして、常に携帯したり首から下げておいたりw

 

そうすれば何かしらの災害があったとしても、そのまま地方や海外へ避難することもできますしね。

仮想通貨日本以外の国でも使用できて、そういった意味でも本当に便利です。

 

また、仮想通貨を始めて私のようにICO投資に興味が出てくると、ほとんどの場合ウェブウォレットのMyEtherWalletが必要になってきます。

 

ただ、残念ながらどのウォレットも100%安全ということはないので、出来るだけ分散しておいた方がベターだと私は思います。

 

自分の資産は自分で守る!

仮想通貨の世界はこれしかありません。

 

まずは、少なくとも必要になるであろうMyEtherWalletとハードウェアウォレットの作り方をご紹介しますね♪

 

MyEtherWalletの作り方と使い方

 

こちらで詳しく書いてますので、参考にしてみてください。

ICO投資を始める方は、MyEtherWalletを指定されることが多いので、必要になってくるかと思います。

 

MyEtherWalletの作り方と使い方

 

ハードウェアウォレットの作り方

 

おすすめの代表的なハードウェアウォレットは以下の2つです。

 

 

使い勝手に定評のあるのはTrezor(トレザー)という人が多いですが、唯一の欠点はRipple(リップル)に対応していないこと。

ですので、リップル以外はTrezor(トレザー)に、リップルはレジャーナノSに分散するのがよいと思います。