今や仮想通貨の市場の時価総額はVISAを上回るや、

5兆円を上回ったなどと言われています。

 

【2018年】仮想通貨ランキングTop10

現在、約1000以上の仮想通貨があると言われていますが、

時価総額のランキングはこのようになっています。

参照:https://coinmarketcap.com/#JPY

 

やはり、仮想通貨の王様ともいえるビットコインは堂々の1位ですね。

それに続いてイーサリアムリップルと続いてます。

ビットコイン人気は、取扱い店舗の多さから言ってもこのまましばらく続きそうですが、それ以下の順位は今後どのようになっていくのでしょうか。

 

※略称
BTC = ビットコイン
BCH = ビットコインキャッシュ
ETH = イーサリアム
XRP = リップル
LTC = ライトコイン
MONA = モナーコイン
XEM = ネム
ETC = イーサリアムクラシック
LISK = リスク
FCT = ファクトム
XMR = モネロ
REP = オーガー
ZEC = ジーキャッシュ
DASH = ダッシュ

 

それぞれの仮想通貨の特徴と4つの注目コイン

それでは、2018年注目の4コインとは、それぞれどんな仮想通貨なのかを見ていきましょう。

 

ビットコインってどんなコイン?特徴と購入できる取引所

 

 

ビットコインは、2009年の通貨の登場から8年で約2000万倍超えしたコインです。

 

2009年にもし、

 

1円分のビットコインを持っていたら→2000万

10円分のビットコインを持っていたら→2億円

100円分のビットコインを持っていたら→20億円

1000円分のビットコインを持っていたら→200億円

1万円分のビットコインを持っていたら→2000億円

 

になっていたということになりますね。

 

夢のようなお話ですが、本当の話です。

 

タイムマシーンで数年前に戻れたなら是非戻りたいですねw

 

ビットコインを購入するならこの取引所

 

イーサリアムってどんなコイン?特徴と購入できる取引所

 

ビットコインに次いで時価総額第2位イーサリアムは、スマートコントラクトという画期的な技術を導入している仮想通貨です。

 

10ケ月で60倍になったコインです。

 

ビットコインがブロックチェーン上ですべての取引記録を管理しているのに対し、イーサリアムは、取引を行うと同時に契約内容まで管理することができる、という大きな特徴があります

 

ICO購入の際も幅広く使われていますし、イーサリアムがビットコインを追い抜く日も遠くはないだろうと言う人もいますね。

 

イーサリアムを購入するならこの取引所

 

リップルってどんなコイン?特徴と購入できる取引所

 

リップルは、2004年にカナダのRyan Fuggerというウェブ開発者が作ったと言われており、

XRPという通貨を使っていろいろな通貨と直接取引が出来るのが特徴です。

 

メリットは、そのスピードです。

 

  • 銀行間取引で従来より迅速かつ安い手数料での送金が可能。(取引スピード)
  • 決済システムがビットコインより早く、数秒で完結する。(ビットコインは30秒程度)

 

メガバンク東京三菱UFJが、リップルを使ったネットワーク利用を表明した2017年3月から価格が高騰しました。

そして、googleが出資したことでも更に人気になりました。

 

リップルを購入するのにおすすめの取引所は以下の2か所です。

私はどちらも口座を持っており、その都度価格を見比べて安い方で購入するようにしています。

 

リップルを購入するならこの取引所

 

ビットコインキャッシュってどんなコイン?特徴と購入できる取引所

 

2017年8月にビットコインから分裂する形で生まれたのが、このビットコインキャッシュです。

 

ビットコインが抱えている「送金手数料が高い」、「送金自体が遅い」という問題点を解決できるコインです。

 

ビットコインの世界で、「ビットコインの神(bitcoin jesus)」と呼ばれるロジャー・バー(Roger Ver)が、

ビットコインキャッシュを支持する発言が話題を呼んだこともあり、

今後かなり期待されているコインになります。

 

ビットコインキャッシュを購入するならこの取引所