新しいお金の形 仮想通貨とは

 

最近日本でも仮想通貨やビットコインの話題が頻繁にでるようになってきましたね。

 

いろんなニュースが流れる度に

「ビットコインは危険だ!」とついつい思ってしまいますが、(ちなみに私もその一人でした・・・)

世界規模で見ても仮想通貨の取引量は年々増え続けていることは事実です。

 

はたして今後どうなっていくのかは誰にもわかりませんが、

誰でもスマホやインターネットを持つ時代において

お金のあり方が変わっていくことは間違いないでしょう。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットコインで億り人続出

みなさんは、億り人(おくりびと)という言葉を聞いたことはありますか?

最近TVやメディアで耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。。

 

億り人とは・・・

投資によって1億円もの利益を得た人 を指す言葉です。

最近ビットコインや仮想通貨への投資によりこの 億り人 が続出しているのです。

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

仮想通貨は「目に見えない通貨」なので、仮想通貨を購入したことのない人にとっては、

取引するのが不安だと思えるかもしれません。

 

しかし、この動画にあるように実際に億以上のお金を稼いでる人がいるのも事実です。

 

そもそも仮想通貨とは

法定通貨と仮想通貨の違い

皆さんが使用している円やドルやユーロなどのことを「法定通貨」といいます。

法定通貨は国ないしは中央銀行が発行して管理しているお金のことです。

 

それに対して仮想通貨というのは、国ないしは中央銀行が一切介在しないお金です。

 

そして、法定通貨はいくらでも作り増しが出来るのに対して、仮想通貨は発行数が決められていることがほとんどです。

それは何を意味するかというと、その仮想通貨を欲しい人が増えれば増えるほど、価格がどんどん上がっていくということになります。

 

仮想通貨は目に見える?

仮想通貨は電子化されたインターネット上のお金です。

法定通貨とは違って実物があるわけではなく、ネット上でやり取りできるデジタル通貨になります。

 

  法定通貨 仮想通貨
国・中央銀行が 認めている 認めていない
実態 ある ない
作り増し 出来る ほとんど出来ない

 

仮想通貨は暗号通貨

そして「仮想通貨」という名前で広がっていますが、実は正しくは「暗号通貨」という言い方が正しいのです。

なぜなら世界的に言うとクリプトカレンシー、つまり訳すと暗号通貨なのですが、日本においては仮想通貨という名前で広まってしまったために、仮想通貨と呼んだ方が皆さんがピンときやすいのですね。

 

仮想通貨 = 暗号通貨

 

 

仮想通貨が世界中に広まった理由

仮想通貨がなぜこれほどまでに世界に急速に広まったのかというと、

一言でいうと『仮想通貨は便利』だからです。

 

非常に恵まれてる日本という国に住んでいる私たちにとっては なかなか想像すら出来ないのですが、

海外の国に住む人々にとっては 実は仮想通貨はとてつもなく便利な存在であり

彼らの生活を大きく変えうる希望の通貨なのです。

 

例えば、日本に住む私たちがお金を振り込んだり送金する場合、午後3時前の手続きであればその日のうちに届いたりしますよね。しかも手数料もせいぜい数百円程度

 

しかし、日本のような便利な国は他にはそうそうないのです。

まず、スマホは持ってるのに国民のほとんどが銀行口座を持っていない国だってあるし、あのアメリカですら送金に数日かかったり手数料に数千円かかったりするのですから。

 

そのような海外に住む人々にとって、もしも、いつでもどこでも誰とでもお金のやり取りができる手段があったら、つまり送金できる手段があったら、生活がとてつもなく便利になるのです。

しかも、手数料も安く、両替の必要もない。。。

いわば、全世界で通用するユニバーサルマネーのような存在ともいえます。

仮想通貨とはこのようにまさに便利で送金問題を一発で解決してくれる通貨なのです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨の特徴 メリットとは

仮想通貨が世界に急速に広がった理由はご理解いただけたかと思いますが、仮想通貨には以下のような特徴があります。

 

  • 24時間どこでも誰とでもやりとりが出来る
  • 国境を越えて両替せずにやり取りができる
  • 電子化されてるので即座に届く
  • 手数料が安い

 

このように

いつでも、どこでも、だれでもが、

24時間365日個人同士のやり取りで、

両替の必要もなく使えるお金

なのです。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨の種類

 

皆さんの中には、仮想通貨とビットコインはどう違うの?

ビットコイン=仮想通貨?

と思われる方もいるかもしれません。

 

ビットコインは仮想通貨の中の1つです。

現在約1500種類以上の仮想通貨があると言われていますが、

ビットコインはその中の基軸となる、一番有名な代表格ともいえるコインなのです。

 

ビットコインは2008年に、「サトシナカモト」という人物がネット上に論文を提唱して始まったと言われています。

しかし、この人物がどのような人物なのか、日本人か、男なのか、全て謎に包まれています。

 

ビットコインの他には、イーサリアムリップルなど日本で購入できる通貨は現在約14種類ほどで、これからまだまだ増えていくでしょう。

 

•ビットコイン
•イーサリアム
•イーサリアムクラシック
•リップル
•リスク(Lisk)
•ファクトム(Factom)
•モネロ(Monero)
•オーガー(Augur)
•ジーキャッシュ(Zcash)
•ネム(NEM)
•ダッシュ(Dash)
•ライトコイン(Litecoin)
•ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
•モナコイン(mona)

 

 

増え続ける仮想通貨が使えるお店

仮想通貨は日本においても徐々に広がりを見せ、今やなんとビックカメラ、マルイ、HISを含む26万店舗以上でこの仮想通貨であるビットコインが使えるという状況にまでなっています。

今後は更にこの傾向が強まるのではないかというのは、誰でも予想できそうですね。

 

仮想通貨の将来性は?

 

仮想通貨は、恐るべき将来性を秘めていると感じています。

それは、主要金融機関の動きにも顕著に表れているのではないでしょうか。

三菱UFJは独自に仮想通貨「MUFGコイン」を発行し、新たな取引所を開設する方針を発表し、2018年~はそれに続く金融機関が続々とあらわれるのではないかと思われます。

もしかすると、仮想通貨バブルも時間の問題かもしれませんね。

 

仮想通貨投資を始めるには

仮想通貨投資を始めるにあたってまず必要なのは、取引所の登録です。

おすすめの取引所と始め方をご紹介します↓

仮想通貨の取引所ランキングとその特徴とは

 

そして、仮想通貨で稼ぐにはいくつかの方法があります。

その中から、おすすめの5つの稼ぎ方をご紹介します。↓

仮想通貨の究極の5つの稼ぎ方はこちら

 

こちらも参考にどうぞ♪ ↓

国内の仮想通貨ランキングと特徴

 

記事の内容はいかがだったでしょうか?

もしも役立ったとか興味深いと思われましたら、下記のソーシャルメディアボタンで共有してもらえるとうれしいです^^

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓