仮想通貨取引所の2段階認証を解除しなければならないとき

仮想通貨取引では、安全に取引するために、ほとんどの取引所で2段階認証を推奨又は必須としていますが、それを解除しなければならない場面に出くわすことがあります。

例えば、以下のような場面です。

 

スマホを買いかえる時に2段階認証を解除する

スマホを新しくする際には「Google認証システム」アプリに登録しておいた二段階認証を一旦解除する必要があります。

 

そのまま知らずに新しいスマホで「あ!」っということにならないように、それぞれの取引所の二段階認証を解除しておきましょう。

 

Google認証システムでエラーが出たら

私の場合は、Google認証システムで新しい取引所の二段階認証の設定をしようとしたら、「現在、バーコードリーダー利用できません」というエラーが出てしまうようになってしまいました。

カメラの権限が・・・とかいろいろ調べましたが、解決せず。

幸い登録している取引所の数も少なかった為、いったん解除して再設定することにしました。

 

ザイフ(Zaif)二段階認証設定の解除の方法

それでは、ザイフの2段階認証設定の解除のやり方をご紹介します。

 

1. まず、Zaifにログインします。

 

2. 画面右上の「アカウント」→「登録情報/本人確認」→「セキュリティ」→「2段階認証設定」の順番でクリック。

 

3. 画面をスクロールして下の方に行き、”2段階認証の停止”画面にて、「パスワード」と6ケタの「2段階認証トークン」を入力し、確認の為のチェックを入れ、「2段階認証の利用を停止」をクリック。

 

これで、2段階認証の解除が出来ました。

破棄したキーは2度と復元できませんのでご注意を!